知って損はしない、「シロアリ駆除」のこと

リビング

どんな物を食べる?

シロアリによる食害

シロアリ駆除をする理由といえば、やはりシロアリによって起きる「食害」の阻止や防止です。
シロアリの食害ですが、これが最も多く起きる場所として知られているのが「木材」です。シロアリは、この木材を好物とし主な食べ物として生きています。
木造住宅がシロアリに狙われやすいというのも、この建物がシロアリにとって好物である木材で造られているからなんですね。
しかし、だからといって木造住宅だけがシロアリ被害に遭っているとは限りません。木造住宅の他にも鉄筋コンクリートで作られた建物もまた被害を受けているのが現状です。
それはなぜかというと、シロアリは木材に限らず「なんでも食べてしまう」からなのです。
その為、上記で紹介した木造住宅のみならず全ての住宅にシロアリ被害の注意が必要であると言えます。

木材に含まれている「セルロース」

シロアリが好んで食べるといわれている「木材」ですが、これはどうして好まれているのでしょうか。
実はその理由となっているのには、木材に含まれている成分がポイントとなっています。
木材には「セルロース」という成分が豊富に含まれており、この成分こそシロアリが栄養素としているものです。その為シロアリは生きてくための栄養素を補給する為に、木材を食べてしまいます。
また、同じ木材の中でも腐った木材はシロアリが特に寄り付きやすくなっています。
これは通常の健康な木とくらべて腐った木の方が、シロアリを寄せ付けやすい物質が放散されているからです。雨漏りを放置しておくとシロアリが発生するのも、このように雨水によって腐った木がシロアリに好まれるからです。

嫌いな食べ物は無いに等しい

シロアリは木材の中でも特に、松の木が好物であるといわれています。
そしてその半面、松の木のように好まれている木材があるかと思えば、シロアリにとっては苦手な木材もあるようです。
ですが、ヒノキだからといって絶対に食べられないというわけではないようです。むしろシロアリはヒノキであれども平気で食べ物としてそれを食べてしまう実例も多くあります。
このように考えると、シロアリは木材であれば何でも食べてしまう…と考えておいて間違いはないかと思います。

何でも食べてしまうシロアリ

シロアリは木材だけを食べる生き物と考えるのは非常に危険です。
なぜかというと、この生き物は木材はもちろんのこと「コンクリート」や、「プラスチック」、「発泡スチロール」など何でも食べてしまうからです。
シロアリの被害と聞くと多くの場合は、柱や床などの木材に起きるものと想像しますが、実際にはケーブルが食べられてしまったりコンクリートに穴が開くこともあるようです。