知って損はしない、「シロアリ駆除」のこと

リビング

シロアリとはどんな虫?

日本で被害を起こすシロアリは?

世界に生息しているシロアリの数は数千匹と言われていますが、具体的にその数字を述べますと2.900種類~3.000種類と言われています。
このうち日本で生息が確認されているのは、13種類、または20種類前後と言われています。
この種類の中でも、主に日本で被害が多く報告されているのが「イエシロアリ」と「ヤマトシロアリ」です。
イエシロアリとヤマトシロアリは、他のシロアリと比べてみてもダントツで被害の数が多いです。こういった現状からも、日本では「シロアリ駆除=イエシロアリ・ヤマトシロアリの駆除」といっても過言ではありません。

床下を特に好むヤマトシロアリ

北海道を除いて日本各地に被害を及ぼしているのが、「ヤマトシロアリ」です。
そんなヤマトシロアリは寒さに強いシロアリとも知られており、温度がわずか6度しかない場所や季節であろうども活動をせっせと行います。このような性質の為に、寒い地域や暖かい地域に関係なく被害が見られているのです。
このヤマトシロアリによる被害が見つかるのは、主に「床下」です。なぜ床下に被害が集中するのかと、疑問に思った方はいませんか?
実はこの現象は、ヤマトシロアリが多湿でジメジメとした場所を特に好む生き物だからなのです。
日本の床下は一年を通して比較的ジメジメとしており、湿気が多いのが特徴です。この環境はヤマトシロアリにとっては生きるために最適であり、被害が集中してしまうのです。
とはいっても、ヤマトシロアリが床下ばかりに被害を起こすとは限りません。ヤマトシロアリが好む水気や湿気が発生する場所が他にもあれば、そこにも被害が発生してしまいます。
このケースでよくあるのが、天井や壁からの雨漏りです。雨漏りが起きた所は、雨水によって水分や湿気が集中し床下と同様にヤマトシロアリの被害を受けやすい場所になります。

恐ろしい被害を引き起こすイエシロアリ

ヤマトシロアリの他にも、シロアリ駆除をしなければならないのが「イエシロアリ」です。
イエシロアリの特徴は、日本の西側の暖かい地域に生息していることです。…とはいっても温暖化がすすむ近年では、これまでにイエシロアリの被害が見られなかった地域でも被害が起きていますので注意が必要です。
なぜかといいますと、イエシロアリは好物である木材以外であってもエサとして食べてしまう、一つの巣に100万匹以上の集団で生活をしており被害がどんどん拡大する、行動範囲が100メートルにも及び広範囲に被害が及ぶ…などの何かと恐ろしい特徴を備えているからです。
シロアリ駆除を行った際に、想像以上に被害が深刻だったというケースも多いでしょう。
その場合はシロアリ駆除を開始するのが遅かったことも考えられますが、被害スピードが早いイエシロアリによる被害である可能性も十分に考えられます。