知って損はしない、「シロアリ駆除」のこと

リビング

シロアリが発生する時期とは

季節や時間は決まっている

シロアリの発生は、季節や時間を問わずに発生しているのでありません。
この発生には決まった「季節」や「時間」があり、そのタイミングになるとシロアリが発生するのです。
また、発生のタイミングは日本で主に被害が見られるイエシロアリとヤマトシロアリによっても時期が異なってきます。
ですので、発生した時期を参考にして住まいに潜んでいるシロアリの種類を見分けることもできます。

4月~7月頃にかけて発生

日本で多くの被害を起こしている、イエシロアリとヤマトシロアリの発生の時期についてここでは紹介してみましょう。
まず、シロアリの発生は主に気温が「暖かい」時期になるでしょう。ですのでシロアリの発生を心配するとなると、冬場などの寒い季節よりも春先や夏場の暖かい季節になります。
前述したように日本ではイエシロアリとヤマトシロアリの2つが主なシロアリ被害として有名ですが、イエシロアリとヤマトシロアリによるシロアリ発生はほんの数ヶ月だけズレがあります。
イエシロアリの場合ですと「6月~7月」となり、梅雨や夏に入りかかろうとする季節に発生が見られます。
それに対してヤマトシロアリの場合は、「4月~5月」となります。春先や暖かくなってきたな…と感じる頃に発生が見られます。
ヤマトシロアリの場合、地域によっては気温の関係で2月や6月に発生する場合もあります。
ですがこれらの地域を除けば、一般的にイエシロアリやヤマトシロアリによるシロアリ発生は「4月~7月」頃に起きると言えます。

発生するのは「羽アリ」

シロアリが私達人間の前に姿を見せる時、その姿は「羽アリ」である事が特徴です。
シロアリの発生はシロアリからしてみれば「群飛」となり、これによって巣のバランスを保ったり新たな巣を求めて飛び立ったりするのです。
黒色をしているヤマトシロアリの羽アリは、黒蟻と良く間違えられたり見分けが付かない場合も多いです。
こういった場合は、自分で調べるのも良いですがシロアリ駆除の業者へ判断を依頼するのも一つの手段です。
発生したシロアリと思われる死骸や羽を取っておき、実際に業者へ見てもらうことで黒蟻かシロアリかの判断をしてもらえます。

食害を起こすわけではない

何でも食べてしまうシロアリですが、実はシロアリ発生によって姿を表した羽アリは食害を起こさないシロアリです。
被害の原因となっているのは、エサを集める役目を果たす職アリであり羽アリはそのようなエサ集めを行なう必要がありません。
また、エサを食べなくとも暫く生きていけるように体に栄養素を蓄えているのも特徴です。
他のシロアリよりも体調が少々大きめとなっているのは、このように体に栄養素を蓄えているからです。